Googleの検索に慣れると、他の検索エンジンがまどろっこしく感じるときがあります。企業内検索でも同じで、相対的に見劣りしてしまうことが多いようです。かといって情報管理の面からGoogle検索をそのまま使うわけにもいきません。

 そこで、注目を集めているのがオープンソースソフトウェアの検索エンジン「Elasticsearch(エラスティックサーチ)」。Google検索のような使い勝手を実現しつつ、オンプレミス方式でデータを外部に出さずに済みます。

 キヤノンITソリューションズは、社内のデータ分析用の検索エンジンとしてElasticsearchを採用し、日立ソリューションズは、長年培ってきた文書管理の技術と連携させた企業内検索サービスとして売り込みに力を入れています。

 ITの世界は、個人向けのサービスのほうが早く変化し、企業向けのシステムはそれを追随するケースが度々見受けられます。企業内検索でもGoogle検索とのギャップを埋めようとするニーズが顕在化しているようです。(安藤章司)