国内外のIT企業のインキュベーション(投資や育成)を手掛けるサンブリッジ創業者のアレン・マイナー代表取締役会長が、この9月、データベースの専門家集団で事業会社のインサイトテクノロジー社長兼CEOに就任しました。

 そんなアレンさんのお父上は、今年で77歳。現役時代は米国ユタ州で警察官を務めていたそうです。アレンさんいわく「米国の公務員はとても薄給」。幼少期のアレンさんが何か欲しいと言うと、「父親は得意の木工細工で、自動車や飛行機など、何でもつくってくれた」とのこと。

 どんな木の切れ端からでも、アレンさんが必要とするものを作り出してくれた父親の影響もあって、アレンさんは“新しい会社をつくり、育てる”インキュベーション事業に情熱を注いでいくことになったようです。

 インタビューでは、代表を兼務することになったインサイトテクノロジーで、どんなサービスや製品をつくっていくのかの話を伺いました。(安藤章司)