上海市では7月1日から、中国内で初めてごみの分別が義務化されました。集合住宅やオフィスビルなどでは、分別項目別に新たにごみ箱が設置されています。ごみ捨て場で管理人が厳しく目を光らせているほか、違反者に対する罰金制度もあり、住民は戦々恐々としながら分別に取り組んでいます。

 しかし、排出するごみがどの項目に当てはまるか判断するのは難しいのが実情。IT各社は、住民の分別を支援するため、AR技術などを使って項目を識別するサービスを始めました。中国では今後、上海市以外の各都市にもごみの分別が広がることが決まっています。これをビジネスチャンスにしようとしている日系企業の動きを取材しました。(上海支局 齋藤秀平)