新年度から、子どもたちの教育が大きく変わります。小学校でのプログラミング教育の必修化を手始めに、学校でのICT活用が進んでいく見通しです。

 文部科学省は、環境面の整備を目的に、「児童生徒1人1台端末」を目指す「GIGAスクール構想」を提唱しており、PCの需要増が期待されています。

 文科相が「学校の『スタンダード』」と位置づける1人1台端末の実現に向け、学校向けPCなどが相次いで発表されてり、市場ではすでに競争が始まっています。(齋藤秀平)

【記事はこちら】
レノボとNTTコミュニケーションズ GIGAスクール構想対応のパッケージを発表 国内市場でモデルケースになるか