新型コロナウイルスの感染が広がり、「不要不急」という言葉をよく聞くようになりました。代表例が外出自粛で、街にいる人の数は以前と比べて大きく減りました。

 不要不急の動きは、企業活動にも出ています。社員の出張や面会を控えるようにしたり、投資を再考したりしています。取材先からは、すでに開発案件の凍結などの影響が出ていると聞きます。

 とはいえ、テレワークなど、必要な部分への投資意欲は旺盛で、IT業界では、コロナ禍を機にデジタル化が加速するとの期待感もあります。

 日本テラデータは、「データ活用は企業にとって非常に重要」とし、必要な投資としてアナリティクスの需要が高まると予想。ビジネスの拡大に向けてパートナーとの連携を一層強化する方針を示しています。(齋藤秀平)

【記事はこちら】
日本テラデータ 「アナリティクスの投資は増える」パートナーとの連携を一層強化へ