コロナ禍によって在宅勤務などのテレワークを導入するケースが増えている中、オフィスに電話を設置するといった従来のスタイルではなく、場所を問わずスマートフォンなどで会社番号を使った電話対応が可能なクラウドPBXが注目を集めています。そうした中、都築電気とネクストジェンが資本業務提携を交わしました。

 両社に共通しているのは「電話」を理解しているということ。ネクストジェンの大西新二社長は都築電気と提携した理由について「お互い電話を理解しているから」と説明しています。

 都築電気は通信サービスの提供に長い歴史や多くの実績を持っています。ネクストジェンは、次世代ネットワークの実現を目指し、さまざまなソリューションを提供しています。音声によるコミュニケーションのソリューションが多く出てきていますが、「実は電話を理解している人材が業界に少ない」と大西社長は実感。「電話」のプロフェッショナル同士がタッグを組んで、国内クラウドPBX市場がどのようになっていくのか。期待がかかります。(佐相彰彦)

【記事はこちら】
<Interview>都築電気とネクストジェン 資本業務提携で関係強化 音声システムのクラウド化やニーズに対応