データセンター(DC)ビジネスは、世界規模でのデジタルデータの増大に後押しされるかたちで堅調に伸びている。2020年には2009年比で44倍近い35ZB(ゼタバイト)規模へデータ量が増えるとみられており、クラウド化の進展とともにデータ処理能力が高いDCへの集約がより一層進む見込みだ。DCビジネスを巡っては、DC事業者と大手SIerとITベンダーとが相互に補完することで、市場の迅速な変化に適応しようとする動きが目立つ。(文/安藤章司)