その他

情報サービス業 岐路に立つビジネスモデル カスタムアプリの縮小、避けられず

2012/06/14 21:06

週刊BCN 2012年06月11日vol.1435掲載

 カスタムアプリケーションの開発ボリュームの縮小が避けられない情勢になってきた。最大手SIerのNTTデータは、今期(2013年3月期)からスタートした中期経営計画でカスタムアプリの“倍速開発”を重点施策の一つに位置づけ、工数の半減やグローバル適材適所での開発手法を主軸に採り入れる。大手SIerのITホールディングスもグループの再編を進めることで生産性の向上を急ピッチで推進する。開発工数の削減はすなわち開発金額ボリュームの大幅減を意味しており、協力会社を含む国内受託ソフト開発市場に大きな影響を与えるのは必至だ。(安藤章司)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

NTTデータとNRI、「ITと新社会デザインフォーラム」活動を総括、「デザイン」の重要性を訴えて自ら実践

NTTデータと野村総合研究所(NRI)共同でフォーラム開催、1000人集まる

NTTデータ、次期社長に岩本敏男副社長を選任、山下徹社長は取締役相談役に

NRIとNTTデータ アジア3軸体制を強化 中国・ASEANの地場市場を狙う

ITホールディングス TISとインテックを軸に再編へ 「as One Company」へと舵を切る

外部リンク

NTTデータ=http://www.nttdata.co.jp/

ITホールディングス=http://www.itholdings.co.jp/

野村総合研究所(NRI)=http://www.nri.co.jp/

おすすめ記事