カスタムアプリケーションの開発ボリュームの縮小が避けられない情勢になってきた。最大手SIerのNTTデータは、今期(2013年3月期)からスタートした中期経営計画でカスタムアプリの“倍速開発”を重点施策の一つに位置づけ、工数の半減やグローバル適材適所での開発手法を主軸に採り入れる。大手SIerのITホールディングスもグループの再編を進めることで生産性の向上を急ピッチで推進する。開発工数の削減はすなわち開発金額ボリュームの大幅減を意味しており、協力会社を含む国内受託ソフト開発市場に大きな影響を与えるのは必至だ。(安藤章司)