静岡県・川根本町のいやしの里診療所(清水史郎所長)は、富士通の電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-RX」を導入している。電子カルテをビデオ会議システムと連携させて、ほかの病院の専門医がリアルタイムで患者情報を把握し、遠隔診療を行うことができる仕組みを実現している。ICT(情報通信技術)の活用によって、山間部でも町民に高度な医療サービスを提供し、川根本町の深刻な問題である医師不足の解消を目指している。