ITホールディングス(ITHD)グループのTIS(桑野徹社長)は、強みとするデータセンター(DC)事業をテコに国内外でビジネスを伸ばしている。DC事業には、設計や構築、運用といった一連の知見や技術は当然として、効率よく収益を生み出すための営業や販売のノウハウが欠かせない。同社は、クラウド化やグローバル化、BCP(事業継続計画)ニーズの波に乗るかたちで、DC活用型ビジネスを軸に国内外での投資を加速。「IT基盤のサービスを得意とする当社の強みを生かす」(桑野社長)ことで、国際競争力を一段と高める。