SAPジャパン(鈴木洋史社長)は6月29日、ERPパッケージとAIソリューション、RPAなどを組み合わせて企業規模や業務・業種別に標準化したパッケージ「インテリジェントエンタープライズ標準ソリューションモデル(i-ESM)」の提供を始める。ERPを核にしたより現代的なビジネス基盤としての基幹業務システムを短期間で導入できるようにし、導入費用も“明朗会計”化する狙い。これにより、年商規模が500億円から3000億円程度までの中堅・準大手企業ユーザーの新規開拓を加速させたい考えだ。また、i-ESMのラインアップは業種・業界特化でERPビジネスの豊富なノウハウを蓄積しているパートナーと共同で整備。SIパートナーの能力を可視化する効果も期待できそうだ。(本多和幸)