来年10月に始まるインボイス制度に向け、マネーフォワードが関連のビジネスを強化している。バックオフィス向けSaaS「マネーフォワードクラウド」の機能拡張を進めているほか、新サービスのリリースも計画中だ。インボイス制度開始後は、紙と電子データの混在が問題になるとみており、今後はそこに焦点を当てながら需要の取り込みを進める。
 
山田一也 執行役員

 同社の山田一也・執行役員マネーフォワードビジネスカンパニーCSOは「インボイス制度関連の問い合わせは最近、少しずつ増えており、イベントの参加者は通常のイベントよりも2倍くらい多くなっている」とし、「業務のデジタル化に向けた各企業の意識は確実に高まっている」と話す。

 市場が立ち上がりつつある中、同社は4月、第1弾として、マネーフォワードクラウドで「証憑自動取得機能」の提供を開始した。ECサイトで発行される領収書や請求書の電子データについて、サイトからの取得やクラウド型会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」への取り込みを自動化できるのが特徴で、ユーザーは追加料金なしで利用できる。