その他

【時代の流れをつかむ働き方と人材活用とは・2】地域経済における人材活用の潮流

2022/08/18 09:00

 1998年以来24年ぶりの円安更新、進むインフレと物価上昇、多くの経済的課題を抱える現在の日本において、地方の行政や中小企業を取り巻く地方経済は、慢性的な人材不足、進まないDXなど、さらに多くの課題を抱えているが、解決策の一つの手段として新たな人材活用を紹介する。

 コロナ対策が進み、少しずつ経済活動が活発化する中で、中小企業でもさまざまな施策が実行されているが、その一つとしてDX(IT活用による生産性の向上など)を推進する企業が増えている。しかし、地方の中小企業は、DXを推進するための人材不足、知識不足を抱えており、それらに対する明確な解決手段を持ち合わせていない。
 
デジタル化の取組段階と取組状況
(出典:中小企業庁「2022年版 中小企業白書・小規模企業白書概要」)

 行政はさまざまな形で「DXを推進するための補助金」を制度として設けているが、実情としては、単なるIT資産の購入、という使われ方も多く、企業が抱える本質的な課題に対しての「打ち手」となるようなDX推進には至っていない現状がある。背景には、企業の中に課題を整理し、課題を解決のためのDX戦略を考えることができる人材が不足している、というものがある。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

【時代の流れをつかむ働き方と人材活用とは・1】副業解禁やコロナ禍で大きく変化

【経営者・新規事業担当者必読~新規事業開発の今~・1】コロナ禍で加速する事業創出

ビジネス知見のマッチングサービス、ビザスク<新規上場企業の横顔>

外部リンク

ビザスク=https://visasq.co.jp/

おすすめ記事