首都圏・東日本は今、大幅な電力節減を求められている。原発問題が長引く見通しのなか、影響地域内のあらゆる産業は電力の使い方を抜本的に見直さざる得ない。ITのインテリジェンスを駆使した効率的な電力消費や、経済の復興に向けて、情報サービス産業が果たすべき役割は大きい。