あらゆるモノがネットワークにつながることを意味する「IoT(Internet of Things)」。クラウドやモバイル、ソーシャル、ビッグデータというIT分野をけん引してきたトレンドの到達点になるとして、注目度が急上昇している。なかでも、その恩恵や影響を大きく受けるのが、モノづくりニッポンとして日本が誇る製造業だといわれている。それはなぜか。IoTの“つながる”技術の視点から製造業とITの関係に迫る。(取材・文/畔上文昭)