SpecialIssue

<ストレージ座談会>成長の機運高まるSMB向けストレージ

2010/04/01 19:56

週刊BCN 2010年03月29日vol.1327掲載


販売パートナーが売りやすい環境へ
プログラム強化を進める動きも


 ──09年の状況を踏まえ、今後はどんな販売戦略で事業拡大を図っていかれますか。

 中山(NEC)
 2010年は、お客様のニーズが高い「仮想化」、「サーバ・ストレージ統合」に注力していきます。特に、サーバ仮想化の導入に関わるサーバ・ストレージ、ソフトウェアから設置・構築作業までが含まれる「仮想化セット」は、お客様にとって手軽に仮想化を試すことができ、また、販売パートナー様にとっても非常に売りやすい商品となっています。Express5800での実績をストレージにも活かして、これからも様々なソリューションを提供していく予定です。

 佐野(日本IBM) 当社は、ストレージ単体で売れるような仕組みを考えています。サーバーを含めたシステム提供のほうが案件が大きいのですが、仮想化をとってみても、ストレージ分野だけで多くの選択肢があるからです。SMB市場には、データ容量の増加などでストレージ関連の潜在ニーズがあるといえます。当社の販売パートナー様では、ストレージを中心にビジネスを手がけるケースが増えています。これを踏まえ、ストレージ分野ならではのソリューション展開を模索していきます。

日本ヒューレット・パッカード
瀧澤一彦氏
 瀧澤(日本HP) 何社かのパートナー様とお話をさせていただくなかで浮き彫りになったのが「LeftHand」やブレードサーバー用SASスイッチなど、新しい製品がまだまだ知られていないことがわかりました。周知活動とともに、ストレージとサーバー、ネットワークも含めて課題解決提案ができるような取り組みを進めていきます。

 中野(EMCジャパン) 市場戦略としては、皆様がおっしゃっているように仮想化がニーズの一つとして出てきていますので、サーバー統合のニーズをパートナー様の戦略とベクトルを併せながら、EMCのストレージ、バックアップソリューションを組み合わせた、お客様にとってユニークな価値をもつソリューションを共同で提供していきたいと思います。2月に発表をさせていただいたCisco、VMware、EMCの3社による取り組みなどはこの一貫です。また、製品的には、サーバー仮想化製品との連携強化、これはAPIレベルでの本格的な統合も2010年は進めていきます。また、よりコスト効率の高いストレージの提供、売りやすい使いやすい操作性の向上の追求です。

 ──販売パートナー様に対する支援強化などの取り組みについてお聞かせください。

 佐野(日本IBM)
 認定資格の取得を促すなど、これまでの取り組みを継続し、販売パートナー様との協業を強化していきます。「バリューパートナー」にご参加いただいている販売パートナー様の数は増えています、パートナーとして、販売意欲の高い企業様を新たに開拓していきたいですね。とくに他社製品を売っていても当社の製品を販売したいというパートナー様を歓迎します。まずは、ミニマムで当社の製品を扱っていただき、ぜひご一緒に事業を拡大していければ、と考えています。

 瀧澤(日本HP) ストレージのパートナープログラムとして、販売をより促進いただけるような活動を進めていきます。すでに展開しているプログラムも、内容を進化させ、より魅力的に改善したいとも考えています。また、セミナーやハンズオントレーニングなど、ソリューションカットで新しい提案ができるような啓発活動などによって、パートナー様と「共に成長」していける1年にしたいと思っています。

 中野(EMCジャパン) ストレージ、バックアップなどEMCのもつ販売ノウハウをを生かして、販売パートナー様との協業関係を深めていきます。具体的には、パートナー様との案件協業のより一層の促進、販売ノウハウをお伝えするような勉強会の開催、タイムリーでより深い技術情報や販売ツールの提供強化などです。また、共同セミナーやグローバルプログラムの日本での展開などを通じた共同マーケティングも強化したいと思っています。

 中山(NEC) サーバと連携した弊社パートナー制度をより強化させていきたいと思っています。実は、パートナー様から「ストレージが分かりにくい」といった声を聞くことがありました。このようなことがないようにトレーニングを徹底し、また、例えば仮想環境でのバックアップなど、パートナー様が提案しやすいソリューションの提供に力を注ぎます。市況の回復はゆっくりだと思いますが、その中でもストレージはまだまだ伸びる余地があります。パートナー様といっしょに、知恵を出し合いながら協業していきたいです。

 ──長時間、ありがとうございました。皆様のご活躍を期待します。

関連記事

SMB市場に追い風! ニーズ高まるストレージ

<ストレージ座談会>伸び盛りの「SMB向けストレージ市場」

<SMB向けストレージ市場特集>ストレージ拡大のカギ IPSAN