SpecialIssue

<MIJS特集>【新人合同研修】人事のノウハウを結集した合同教育で新人を刺激 基礎から実践まで本格的な内容

2014/01/23 19:55

週刊BCN 2014年01月20日vol.1514掲載

 MIJSに加盟する独立系ソフトウェアベンダー(ISV)の人事担当責任者が中核となって、異なる会社の新卒社員を集めた「新人合同研修」を2010年から実施している。2011年からは、春・夏・秋の年間を通じたカリキュラムを組み、他のIT系団体・コミュニティにはない独自のやり方を定着させている。今回、プロダクトビジネス推進委員会担当理事兼委員長の富加見順・ネクスウェイ取締役相談役をモデレータに、同研修を運営する中核メンバー3人による座談会で、同研修の成果や課題、将来の方向性について話し合ってもらった。(『週刊BCN』編集部)

(左から)システムインテグレータの管理部人事・総務グループ マネージャー 門間克明 氏、ネクスウェイの取締役相談役 富加見順 氏、ネクスウェイの人財開発室 肥後淳子 氏、東洋ビジネスエンジニアリングの人事部 福澤良彦 氏

富加見 「新人合同研修」を始めたきっかけを聞かせてください。

門間 MIJSで交流があった人事担当者同士の会話のなかで「このネットワークを生かして何かできないか」ということで、2010年に1日限りの小規模な合同研修を実施したのがきっかけです。研修は大変盛り上がり、他社の同世代と触れ合うことの効果や重要性を認識しました。現在は1年間のカリキュラムで実施しています。

富加見 人事担当者同士で共通の課題認識があったわけですね。

福澤 はじめの数か月間の新人研修で教えたことが、配属後に定着しているか確認できていない状況があり、どうフォローアップするか課題でした。

(写真左から)ネクスウェイ 取締役相談役 富加見順 氏、
システムインテグレータ マネージャー 門間克明 氏

富加見 一回限りでなく、1年間のスパンにして3年目。年間のカリキュラムはどう組んでいるのですか。

門間 大きく三つあります。まずは、ビジネスパーソンの基礎力を高める入社直後の基礎教育を1週間。各社が個別に教えているノウハウと時間を集約しました。その後、フォローアップ教育として8月にパネルディスカッションを実施し、11月にはプレゼンテーションの研修を行います。

肥後 新人にとって8月は、会社に慣れる一方、気持ちが低下気味になる時期です。そこで、新人各々の入社からの5か月間の棚卸しを行うとともに、MIJS加盟のISVの社長によるパネルディスカッションと講演を聴講し、改めて刺激を受ける機会をつくりました。

富加見 11月の研修であるプレゼンテーションはどんな内容ですか。

福澤 「MIJSの製品・サービスを使って東京五輪を盛り上げよう」をテーマに、5~6人のグループで提案内容をまとめ、最後にプレゼンテーションを実施しました。目的は、基礎的なプレゼンスキルや、制限時間内にチームで成果を出すための仕事の進め方の確認、ビジネスチャンスを見出す力の醸成です。お互いの意見をぶつけ合いながら、協力して課題に取り組んでいました。

(写真左から)東洋ビジネスエンジニアリング 福澤良彦 氏、
ネクスウェイ 肥後淳子 氏

富加見 1年間の合同研修の成果はどうですか。

門間 受講者からの満足度アンケートによると、5点満点で平均4.5点以上という結果が出ており、新人にとって有益な内容だったのではないかと思います。また、別の視点では、この企画を通じて人事のネットワークがさらに広がり、かつ交流も豊かになりました。

福澤 毎年、前年に参加した会社が必ずリピートで参加しているので、高い評価を得ていると感じています。

肥後 新人の頃は、視点が内向きになりがちです。新人合同研修を通じて、それが外に向くようになりました。また、MIJS各社に「同期」ができることで、自社製品・サービスだけでなく、他社プロダクトにも興味を持ち、提案の幅を広げるきっかけになっていると思います。

富加見 これまでを踏まえ、今後どんなことを実行していきたいですか。

門間 これまでは新入社員を対象にしてきましたが、今後は営業やSEなど職種ごとに同世代の社員を対象にした研修を企画したいです。また、この合同研修一期生向けに「3年目研修」を実施して、成長度をみるのもおもしろいと思っています。

福澤 新卒採用の中で、「IT」「グローバル」に興味を持っている学生をMIJSの名前で集客したいです。

富加見 ありがとうございました。MIJSの人材育成強化に向けて、これからも内容をどんどん拡充してください。

【「MIJS新人合同研修」とは】
 MIJS人事のノウハウを結集した新入社員合同研修。4月にはビジネスマナー・ビジネス文書・コミュニケーション・プレゼンテーションなどの基礎を1週間で教育。8月には、フォロー研修としてMIJSに加盟するISVの社長がパネラーとなり、志や仕事の醍醐味などを学ぶ。11月には、グループワークでテーマにもとづいて一つのプレゼン資料をまとめる。
  • 1

関連記事

MIJS(メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム)特集

<MIJS特集>【特別対談】美濃理事長×平野副理事長――MIJSは“不滅”ではない 海外進出があたりまえになる

<MIJS特集>【仙台ワークショップ レポート】仙台でワークショップを開催 会員各社が人材・製品・資本・営業戦略を披露

<MIJS特集>【営業部会】プロダクトビジネス推進委員会 「営業部会」にフォーカス 発足から半年、案件獲得の実を結ぶ

<MIJS特集>【プレゼンテーション合宿】プレゼン合宿は「伝える力」を育てる場 レベルアップ確実、全体底上げ

外部リンク

MIJSコンソーシアム=http://www.mijs.jp/