週刊BCNは2019年12月6日、ITメーカーとIT販社をつなぐイベント「BCN Conference 2019 冬」を開催した。テーマは「DX時代を生き抜くパートナーエコシステム戦略」。デジタルトランスフォーメーション(DX)の潮流の下、いよいよ実装フェーズに入ってきたエマージングテクノロジー(AI、IoT、ビッグデータ、ブロックチェーンなど)を活用して、既存の情報システムの範囲にとどまらない新たな市場を創出する動きが相次いでいる。DX時代に大きな飛躍が期待される有力なIT製品・サービス、最新パートナーエコシステム戦略とは何か――。有識者やITベンダー各社による講演をレポートする。


【詳しい記事はこちら】


経済産業省 Society5.0時代に求められる考え方と今後の政策展開 リアルデータ分野では日本企業は戦える

PFU お客様満足度を高める窓口業務の改善方法 CSを向上し、業務負担を軽減するスキャナ

ゾーホージャパン セキュリティ商材の提案に使える世界標準 商談にも「セキュリティフレームワーク」の活用を

コーレル Parallels RASで実現するクライアント仮想化と働き方改革 テレワークの実現で、労働生産性を向上

ソリトンシステムズ DX時代のビジネスの核はファイルサーバー「VVAULT」でデータ損失を防ぐ

ユーザックシステム 新しいニーズを発見する業務改善セミナー 得意先の負担にならない方法を選ぶ

総務省 テレワークは業務効率化・コスト削減に有効 政府も普及促進を後押し

Datatang Technology データはAIを駆動応用革新と情報セキュリティ AI産業の生命線はデータ

<BCN CONFERENCE 2019 冬 ロゼッタ 展示コーナー>