KeyPerson

ITをトータルで提供する統合インテグレータへ

兼松エレクトロニクス 社長 榎本秀貴

取材・文/ゼンフミシャ 撮影/ミワタダシ

2011/03/03 19:37

榎本 秀貴

週刊BCN 2011年02月28日vol.1372掲載

 総合商社兼松グループのITシステム販売会社で、ストレージやサーバーなど通信機器のインテグレーションを得意とする兼松エレクトロニクスは、2011年3月期以降の中期経営計画で、経営利益率10%の大台到達を目指している。クラウドコンピューティングを使った「事業のサービス化」「仮想化」「中国」──の三つを事業拡大の軸に掲げた取り組みを本格化している。榎本秀貴社長に、事業戦略を聞いた。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

【2011年 年頭所感】 兼松エレクトロニクス

兼松エレクトロニクス 中国・成都に現地法人を設立

兼松エレクトロニクス、IT資産統合管理サービスをSaaS型で提供開始

おすすめ記事