落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>

KeyPerson

SIerとの相互補完を重視する戦略で

KVH CEO リチャード・ウォーリー

取材・文/安藤章司 撮影/大星直輝

2011/10/27 19:37

リチャード・ウォーリー

週刊BCN 2011年10月24日vol.1404掲載

 データセンター(DC)サービスのKVHは、グローバル通信ネットワーク網とクラウド対応DCの規模のメリットを生かしてビジネスを拡大している。2011年2月に竣工した首都圏の大型DCの受注は予想を上回る好調ぶりで、早々に第二期の拡張工事を決めた。震災後の事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)対策で、クラウド化が進む流れも追い風になっている。コンピューティングのインフラとネットワークに特化することで、業務アプリケーション領域に強いSIerとの相互補完を重視することで販路拡大を推進する。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!

関連記事

KVH クラウド型メールフィルタリング 「KVH MailScan MX」を本格立ち上げ

KVH、被災地復興を支援する「東北応援アプリケーション開発コンテスト」を開催

KVH、クラウド型メールセキュリティ対策サービスを発表、SMXとの協業で提供