NECの遠藤信博社長は、2014年、ソフトウェア開発を手がける地域子会社の統合をはじめ、組織の大幅なテコ入れを断行し、社会インフラを支えるソリューションを柱とする事業体制づくりに向けて、積極的に動いた。しかし、遠藤社長のミッションはこれで終わりではない。いかに社員の意識を変えて、本格的に社会インフラソリューションに舵を切るか、2015年こそが経営トップの手腕が試される年となる。遠藤社長の下、大きく変わろうとしている日本電気──。社名にその文字が含まれる「本気」を出すことができるか。