アイ・ティ・フロンティア(アイ・ティ、井上準二社長)は11月5日、ブラジルの大手IT企業ポリテックと、データセンターにおける運用監視業務に関する協業を開始したと発表した。

 今回の協業は、日本国内において、運用監視の定常業務の慢性的な要員不足解消が目的。日本と12時間の時差のあるブラジルのポリテックに夜間運用監視業務を委託することで、運用人員の不足を補う。これにより、高品質な24時間対応サービスの提供とコスト削減を目指す。

 ポリテックは、アイ・ティ・フロンティア国内データセンターにおける、ハードウェアやOS、ネットワーク、ソフトウェアの障害監視と、それらにおける既知の障害発生時の一次対応を行う。未知の障害発生時は、日本側の技術者に連絡し、上級SEの日本側要員で対応する。

 07年11月から08年2月まではパイロット運用フェーズとして、国内データセンター(1か所)での夜間運用監視業務をブラジル側要員と日本側要員の双方で実施する。この間、実現可能性の検証や業務の引き継ぎ、課題点の洗い出し、対応策の実施を行う。その後、委託の準備を行い、08年5月中旬から本運用を開始する予定。当初はデータセンター1か所の委託から着手し、その後2か所のデータセンターについても委託を進めていく。