日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は、就業管理システム「リシテアJob」が、日本生命保険相互会社(日本生命)の新しい勤務管理システムに採用されたと発表した。新システムの利用者は約1万8000人で、保険業界で最大規模という。

 日本生命は従来、セールスツールと一体化した勤務管理システムを活用していたが、内務職員や営業管理職の勤務情報は紙ベースの帳票で手作業管理していた。そこで、勤務形態に関係なく統一した勤務管理システムの導入を検討。複数の勤務管理に特化したパッケージを比較した結果、日立システムの「リシテアJob」を採用することになった。日立システムによれば、日立システムのSEが勤務管理を熟知していた点と、使いやすい操作画面、カスタマイズ性、導入実績などが評価されたという。

 新勤務管理システムは、日本生命のシステム開発・運用および、保守を行っているニッセイ情報テクノロジーと日立情報システムズ、そして日立システムが共同で構築した。

 新システムは、正社員や契約社員といった雇用体系や、フレックスタイム、短時間勤務といった勤務形態などの複雑な就業規則に対応する。関連する人事給与や出退勤時刻収集システムを担当する日立情報システムズと共同で構築したことで、データ連携も容易にしたという。