ソラン(千年正樹社長)とSAPジャパン(ギャレット・イルグ社長)は10月26日、SAPソリューションの導入サービス支援で協業体制を構築、事業計画も共同で策定・実施することで合意したと発表した。

 今回の協業で、ソランは「SAP Customer Relationship Management(SAP CRM)」の業界向けテンプレートと、「SAP CRM」および「SAP BusinessObjects」との連携テンプレートを開発し拡販する。

 また、ソランは社内にSAPソリューションを技術検証する「ソラン-SAPコンピテンスセンター」を10年3月に開設する。SOAに基づくSAPプラットフォームソリューションの開発・検証、ユーザーのシステムを最新の「SAP ERP」にアップグレードする際の検証と、ソランの自社サービスとの連携について検証する。

 両社は国内だけでなく、中国市場での事業展開にも共同で力を注ぐ方針。SAPジャパンは、SAP中国と連携し、ソランの中国現地企業向けビジネス拡大を支援する。