日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は10月26日、SAPジャパン(ギャレット・イルグ社長)と「SAP ERP」のチャネルパートナー契約を8月1日付けで締結したと発表した。これにより、従来までのシステム構築サービスに加え、ソフトウェアライセンスの販売が可能となった。

 日立システムでは、このチャネルパートナー契約を契機として、社内に専任のサポート部門を新設し、コンサルティング、システムの企画・設計、開発、保守・運用に至るまで、ワンストップで顧客に直接サービスを提供開始した。さらに、同社は、08年1月にSAP AGに買収されたBusiness Objectsの日本法人である日本ビジネスオブジェクツのゴールドパートナーを継承した「SAP BusinessObjects」のチャネルパートナーにもなっており、「SAP ERP」と「SAP BusinessObjects」を組み合わせたSAPアプリケーションに関する幅広いソリューションを提供していく。

 日立システムは、今後もSAPジャパンとの技術共有や共同マーケティング活動を強化し、SAPアプリケーションのさらなる利用拡大を目指していく方針。SAPアプリケーションの販売とSIサービスの提供をあわせて、09年度から12年度までの累計で約150億円の販売を目標としている。