マイクロソフト(樋口泰行社長)は10月29日、企業向けメッセージングプラットフォーム「Microsoft Exchange Server」の新版「同 2010(日本語版)」を11月2日に開始すると発表した。

 「Exchange Server 2010」では、メールボックスデータベースのパフォーマンスを向上させ、「Exchange Server 2003」と比べて1秒あたりの入力/出力(IOPS)を最大90%減少させた。

 従来の「Exchange Server」と比べて、プラットフォームやWebブラウザ、携帯電話、電子メール、ボイスメール、インスタントメッセージなどコミュニケーション方法にアクセスすることが可能になった。Webブラウザでは、「Internet Explorer」に加え、「Mozilla Firefox」および「Safari」をサポートした。

 このほか、きめ細かいマルチメールボックス検索や、保管時の即時改ざん防止などの機能を搭載し、統合された電子メールアーカイブおよび保有機能を提供することで、企業のコンプライアンスの負担を軽減。情報漏えい対策として、管理者の設定で、自動的にメールを保護する機能や、メール送信のワークフローを利用してメール送信時に内容の閲覧確認ができる機能などを実装した。

 ボリュームライセンスの価格は、大規模システム向けの上位版「Exchange Server 2010 Enterprise Edition」が77万9000円、小中規模なシステム構築に最適なスタンダード版「同 Standard Edition」が13万7000円。

多様なコミュニケーション方法にアクセスできる