三菱総研DCS(木村高志社長)は、日本IBMのシステム構築支援アプライアンス「IBM CloudBurst」を利用したクラウド・サービスを、2010年2月から提供する。

 社内開発・研修環境での利用を皮切りに、順次ユーザーのプライベートクラウド環境の構築やサービス基盤として提供していく。クラウドサービスの提供には、千葉情報センターを活用する。

 「IBM CloudBurst」は、クラウド環境構築のためのサーバーやストレージ、ネットワーク、ソフトウェアをすべて揃え、導入・設定・トレーニングサービスもあわせて提供するソリューション。サーバーには「IBM BladeCenter」を採用し、ユーザーの要求に応じてIT資源を自動的に割り振る機能や従量課金に必要なIT資源使用量のメータリング機能、電力監視機能、障害時のフェイル・オーバー機能を実装している。