中堅SIerのシーイーシー(CEC、新野和幸社長)は、3月30日、新日石インフォ(岡村格五社長)の環境情報管理システム「ETSITE」とExcelデータ管理システム「EXMAGIC」の販売事業を、2010年4月1日付けで譲り受けると発表した。

 CECは、両製品の開発・導入・保守サービスを以前から提供していた。今回、環境ソリューションを強化するためには、サービスメニューの拡充が必要と判断。両製品の販売事業を譲り受けることで合意した。CECは業績に与える影響は軽微とみて、当期業績見通しは変更していない。

 「ETSITE」は、環境報告書やCSR活動レポートを作成する際に必要なデータの収集・集計・分析業務をサポートするシステム。(1)共通管理、(2)Excel管理、(3)文書管理の3機能で業務効率化とコスト削減を支援する。「ETSITE」はExcelデータの統合管理システムで、正確・容易に財務情報などを管理する。

 新日石インフォは、新日本石油グループ会社のシステム開発・運用を手がけるITベンダー。03年設立で、従業員は127人。昨年度(09年3月期)の売上高は72億円。