日立東日本ソリューションズ(菱沼茂樹社長)は、プロジェクト進捗の「一元管理」と「見える化」がウェブベースでできる新版の「プロジェクト管理システムSynViz/PJ Ver.1.3」(シンビズ/ピージェー)の販売を開始した。

 プロジェクト全体の進捗状況や頻発するスケジュール変更などの把握が、ウェブ環境での「一元管理」と「見える化」で可能になるソフトウェア。最新版は、「Windows Server 2008」(x86)「Oracle11g」「Internet Explorer 8」などのプラットフォームに対応している。

 同社は、製造業と建設業を中心に、設計計画・製造計画業務を効率化する工程管理システムを構築してきた。