大塚商会(大塚裕司社長)は5月26日、東京都板橋区にたのめーる物流センター「高島平物流センター」を今年9月に開設すると発表した。オフィスサプライ通信販売事業「たのめーる」の首都圏における地域密着型の配送体制を強化し、東日本の配送インフラ再構築を行うことで取引先企業内での在庫の削減や利便性の向上を図る。

 同社では、現在首都圏(2か所)、中部、京阪神、九州に5か所の物流センターを設置し、全国翌日配送、および主要都市での当日配送を行ってきた。しかし、「たのめーる」の受注量増加にともない、配送の物量も増加を続けていることから、今回、首都圏配送網の統廃合に着手。これまで埼玉県にあった物流センターを移転する形で、「たのめーる」専用の物流センターとして「高島平物流センター」を新設する。また、保管面積の大きさを生かし「全国コア倉庫」としての役割も兼ね備える。

 新センターは、倉庫内や屋外自光看板の照明に同社取り扱いLEDを採用し、環境に配慮した設計となっている。全館で2161個のLED照明を使い、年間に排出する温暖化効果ガス(CO2)の約82%削減を想定している。これは、50年杉4万5571本が1年に吸収するCO2量に相当する。あわせて、LED活用の具体的事例として、利点や実用性をアピールし、顧客へのLED提案も進めていく。