ITホールディングスグループのTIS(藤宮宏章社長)は、三井化学に対し、管理会計の高度化や決算開示の早期化を目指した制管一致(制度会計上の数値と管理会計上の数値の一致)の新連結会計システムの構築を支援し、2009年10月の決算から全面運用を開始していると発表した。

 構築した連結会計システムは、「SAP BusinessObjects Financial Consolidation」を採用し、個別に稼働していた制度会計システムと管理会計システムを統合した新システム。

 事業単位でのバランスシート(貸借対照表)やキャッシュフローを四半期単位で把握し、資源配分やその活用状況の改善に役立てることができるようになった。加えて、制管の整合が取れたレポートを同時に作成することが可能となり、管理会計データの信頼性が向上した。

 システムは2008年7月に構築を開始し、09年1月に予算系の構築を完了。09年2月の連結予算(管理連結)から運用を開始し、09年10月の決算から新連結会計システムとして全面運用を開始している。

 三井化学にとって、システム刷新のポイントは、事業単位・会社単位・四半期単位での経営情報把握や、管理連結に強く柔軟な連結処理、制度決算開示の早期化を図ることができる点などだった。

 2000年から三井化学の基幹システムとしてSAP R/3の導入を進め、その後も運用保守を行っていたTISは、三井化学とグループ各社でもSAPシステムを利用している点を考慮。新たな連結会計システムとして「SAP BusinessObjects Financial Consolidation」を提案した経緯がある。

 三井化学は、今後、決算開示の早期化や国際財務報告基準(IFRS)への対応を視野に入れた経営力強化に力を注ぐ予定。