テリーズ(佐々木宏社長)が、業務プラットフォーム実現サービスパッケージ「クラウド◎◎(まるまる)パック」の提供を開始する。

 「クラウド◎◎パック」は、クラウドを活用して企業のビジネス基盤を強化拡張する方法論を集約し、業務分析から業務ルール、それを支えるビジネスプラットフォームの設計、最適なSaaSアプリケーションの選定、導入、定着化、効果測定に基づく継続的な改善プログラムをパッケージ化したもの。専門のITマネージャがいない、もしくはITスタッフが不足している企業でも、経営者の意思を直接反映した事業プラットフォームを実現する。

 提供開始時点で選択可能なSaaS/クラウドサービスは「NET SUITE」「Google Apps」「Success Factors」「Amazon web service」「Clear Works」「ネットde会計」「デスクネッツ」「サイボウズ」「Microsoft Dynamics」「PCA会計」「Questetra」「一件落着」など。

 売上高50~500億円規模の中堅・中小企業向けに特化した業務基盤・経営システム構築の支援サービス。従来の10分の1程度の初期投資、半分から5分の1程度の期間で導入できるほか、個々の企業の状況に応じた最適なSaaSの組み合わせと成長段階に合わせて継続的にビジネスをサポートする。提供費用は、初期費用が1業務300万円から、年間サポート初期費用の20%(SaaSの利用料は別途)。

 テリーズでは、卸・商社などの流通、小売チェーン、通販・EC、飲食店FC、製造、住宅・不動産などを中心に、財務会計、管理会計、経営分析、顧客管理・CRM・コールセンターなど、さまざまな業務での拡販を進める。