IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、8月17日、2010年4ー6月の国内PC出荷実績を発表した。調査によると、台数は前年同期比13.5%増の366万台で、個人、法人向けともに好調だった。

 台数の内訳は、個人向けが前年同期比13.5%増の196万台、法人向けが同13.4%増の170万台。IDC Japanでは、マイクロソフトのオフィスソフト「Office 2010」の発売が個人向け市場を活性化し、法人向けでは規模を問わず企業がPCの買い替え時期に入ったことが要因、と分析している。

 メーカー別順位は、1位が前年同期に比べて23.3%伸ばした富士通(シェア17.6%)。デスクトップPCが伸びたことが理由で、個人向けではオールインワンタイプ「DESKPOWER F」が販売を伸ばし、法人向けではデスクトップモデルを採用する比率が高い官公庁向けが好調だった。

 2位には、シェア17.4%でNECが入った。前年同期比で20%以上伸びたが、富士通には及ばなかった。3位以降は、デル(11.1%)、東芝(10.8%)、日本ヒューレット・パッカード(8.9%)と続いた。

 IDC Japanの片山雅弘・PC、携帯端末&クライアントソリューショングループマネジャーは、「10年4-6月の実績をみると、法人向けはPCの買い替えが本格化し、回復傾向にあるとみていい。しかし個人市場では、『Office 2010』の発売以降、市場に大きな影響を与えるイベントが見当たらない。先行きは不透明だ」と分析している。

2010年4ー6月、国内PC出荷台数の上位5社のシェア(出典:IDC Japan)