日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は8月31日、電子ペーパーを利用して外出先での営業活動や現場業務の効率化を実現する「電子ペーパーソリューション」を9月1日に発売すると発表した。

 「電子ペーパーソリューション」は、薄型・軽量で容易に持ち運ぶことができ、表示内容を書き換える時にわずかな電力を消費するだけで表示中の電力は不要といった電子ペーパーの特徴を生かし、営業活動などの現場業務の効率向上を実現するソリューション。これにより、大量な紙書類を高いセキュリティのもと整理・保存・携帯を求められる業種、業務において、紙書類をまとめて電子ペーパーに格納でき、万が一、紛失しても容易に参照することができないため、情報漏えい防止も実現する。

 また、業種、業務を問わず、幅広い業務、業種に適用可能。適用の一例として、(1)銀行・保険会社で使用するアンケートや申し込み用紙の電子化、(2)旅行パンフレットの電子化、(3)製造現場などで使用する作業指示書の電子化、(4)保守現場等で使用するマニュアルの電子化(電子マニュアル)、(5)各種広告の電子化--などがある。

 同社では、「電子ペーパーソリューション」を、外出先での営業活動や現場作業での携帯情報端末の利用を検討している顧客や、すでに利用しているノートPCなどの携帯情報端末に不満をもっている顧客などに向け、12年度までにソリューション全体で約10億円の販売を目標としている。