IDC Japan(竹内正人代表取締役)が、国内クラウドサービス市場予測を発表した。それによると、2010年の国内クラウドサービス市場は、前年比41.9%増の443億円規模となる見込み。

 松本聡ITサービスグループリサーチマネージャーは「クラウドサービスは煩雑な手続きを必要とせず、ユーザーが容易にサービスを利用する『セルフサービス』が特徴の一つ。事業者の販売管理費を削減するとともに、ユーザーの利便性が向上する。しかし、対面販売に慣れたユーザー企業が多く、セルフサービスはクラウドサービス利用の障壁にもなっている。事業者は、セルフサービスの利用を促す施策を強化する必要がある」と説明している。

 IDC Japanは、国内クラウドサービス市場は今後も高い成長を続けると予測。09年~14年の年間平均成長率は37.5%、14年の市場規模は09年の4.9倍、1534億円になるとした。

国内クラウドサービス市場 セグメント別売上額予測(出典:IDC Japan)