IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、8月30日、2010年第2四半期(4~6月)の国内サーバー市場動向を発表した。

 市場規模は前年同期比ほぼ横ばいの943億円で、出荷台数は同21.0%増の11万7000台となった。国内サーバー市場の金額は、前期まで6四半期連続の二桁マイナス成長だったが、第2四半期で回復。一方、台数ベースでは前期に続き二桁成長を維持した。

 ジャンル別でみると、x86サーバーとIA64サーバーが好調だった。金額は前年同期比25%増で、x86サーバーは情報サービス業向けの出荷が伸び、IA64サーバーは通信や金融、流通業向けの大型案件が寄与した。一方、メインフレームとRISCサーバーは、前年同期から20%を超えるマイナスとなった。

 ベンダー別順位は、日本IBMが2年ぶりに首位に返り咲いた。メインフレームとx86サーバーの好調が要因だ。2位以下は日本HP、NEC、富士通、日立製作所の順。

 IDC Japanの都築裕之・サーバーリサーチマネージャーは「08年後半から出荷台数が落ち込み続けたが、第1四半期(10年1~3月)から上昇の兆しが見えた。今期は、前期からさらに改善している。景気後退の影響で購入を控えていたユーザー企業が徐々に投資し始めていることと、情報サービス業者向けの出荷が好調な点が貢献している」と説明している。

2010年4~6月の国内サーバー市場の金額別ベンダーシェア(出典:IDC Japan)