三井情報(MKI、下牧拓社長)は、松竹マルチプレックスシアターズ(MOVIX、中島厚社長)に、クラウド型省エネルギーマネジメントサービス「GeM2(ジェムツー)」を納入したと発表した。MOVIXが運営するシネマコンプレックスのうち10店舗に「GeM2」を納入し、映画館内における空調費削減を実現する。

 今回、MOVIXでは、3か月間にわたりシネマコンプレックス内の空調・CO2濃度コントロールを「GeM2」の自動制御で試験運用した結果、(1)空調費の削減、(2)空調管理工数の削減、(3)短期間かつ低コストでの導入――が見込めることを確認し、導入を決定した。

 具体的には、リアルタイム監視によるきめ細かな空調・CO2コントロールによって、従来の運用方法で要したコストとから10-30%の空調費削減効果を確認。また、従来は館内スタッフが手動で行っていた空調・CO2コントロールを自動制御運用することで、空調設備管理に要していた工数を削減。さらに、既存の設備を活用してGeM2サービスに接続できるとともに、クラウド型でサービス提供するため、短時間かつ低コストでの利用が可能となる。

 今後、MOVIXでは「GeM2」による運用店舗を徐々に増やし、新規に建設するシネマコンプレックスへ「GeM2」の導入を検討する。