エス・アンド・アイ(S&I、藤本司郎社長)は、企業内クライアントPCのWindows 7への移行ニーズの高まりを受け、強固なセキュリティ認証機能を備えた仮想デスクトップシステム「Secured Desktop Cloud」をWindows 7に対応させた。

 「Secured Desktop Cloud」は、従来からのシンクライアントシステムに、情報システム部門の運用負担とコストの軽減や、強固な情報漏えい対策を実現するクライアントPC管理を備えた仮想デスクトップシステム。PCに挿したUSBデバイスから起動してサーバー上の仮想デスクトップに接続するため、使用しているPCをそのまま利用することができる。

 Windows 7対応によって、Windows 7への移行の際も、ハードウェアを交換することなく、既存のPC資産を有効活用することができる。また、Windows XPとWindows 7の環境を共存させ、必要に応じて使い分けることができるほか、クライアントPCの一元管理が可能になった。