ソフトウェアメーカーの海外進出などを支援する任意団体、メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム(MIJS、内野弘幸理事長)は、1月19日、会員企業4社のソフトが、中国の大手通信事業者であるチャイナテレコム西部情報センター(中国電信西部信息中心)が提供するSaaSのメニューに加わったと発表した。

 提供されるのは、ウイングアークテクノロジーズの帳票関連ソフトの「SVF」とBI・データ活用ソフトの「Dr.Sum EA」、サイボウズのグループウェア「Cybozu Benko System」、エイジアザーズのメール配信システム「WEB CAS e-mail」、WEICの日本語eラーニングシステム「超速日本語」の5製品。チャイナテレコム西部情報センターは、まずは既存顧客170万社を中心に、中国四川省の企業に対して4社のソフトをSaaSとして販売する。(木村剛士)