日本マイクロソフト(樋口泰行社長)は、日本法人設立25周年の節目である2011年2月1日付で「日本マイクロソフト」に社名を変更し、本社オフィスをこれまでの新宿・小田急サザンタワーから、港区の品川グランドセントラルタワーに移転した。東京都内の5か所のオフィスを集約したことで、品川本社、調布技術センター、大手町テクノロジーセンターの3拠点体制になった。

 2月1日に行った記者会見で、樋口社長は新社名の日本マイクロソフトに込めた意味を「『日本』という文字を冠することで、日本で一企業市民としてきちんと認められる存在になりたい」と語った。また、オフィス統合と移転については、「品川という地は、古くからのパートナーであるNEC、富士通、ソニー、東芝のオフィスに近い。また、大手顧客の7~8割は品川の東側にいる。顧客に近づくことで、より一体感あるかたちで『顔の見えるビジネス』を推進できる」と抱負を述べた。

樋口泰行社長

 日本マイクロソフトは、ワールドワイドの売上目標をトップレベルで達成。2010年上期には2ケタ成長を成し遂げた。米本社の期待も高く、今後は米本社との連携によってさまざまなビジネスの仕掛けをつくっていく。また、グローバルでプラットフォームを提供する企業として、日本の独自性を生かしながら、パートナーのグローバル進出、競争力強化に貢献。さらに、これまで行ってきた障害者支援や若者就労支援、女性の社会参画支援、地方自治体の活性化ベンチャー企業支援などは引き続き推進する。(鍋島蓉子)