エムオーテックス(MOTEX、高木哲男社長)は、3月29日、東日本大震災の影響による節電支援策として、IT資産管理機能のクラウドサービス「LanScopeクラウドキャット」を無償で提供すると発表した。

 「LanScopeクラウドキャット」は、パソコンの資産管理やセキュリティ対策のクラウドサービス。電源の管理機能をあわせもつ。今回、企業のPC消費電力削減を支援するために、通常は月額500円(1クライアント)のサービスを無償で提供することを決めた。

 申込みは3月29日から4月末日までで、無償利用期間は7月末日まで。対象は、関東甲信越と東北地方で業務にPCを利用している企業。同社のウェブサイトから申し込む。(木村剛士)