アレイ・ネットワークス(岡本恭一代表取締役)は、次世代アプリケーションデリバリコントローラの新製品として、超高速モデルの「APV9650」を4月1日に発売した。価格はすべてオープン。

 「APV9650」は、最大60Gbpsのスループットを実現する超高速アプリケーションデリバリコントローラ。アレイのアプリケーションデリバリプラットフォームSpeedCoreにより、マルチコアアーキテクチャを最大限活用して並列処理を行うことができ、高性能をコンパクトでエネルギー効率の高いきょう体に集約している。

 主な特徴は、2048ビットSSL暗号化、仮想化環境との統合、10Gbpsイーサネットの搭載、IPv6サポート、リアルタイムなアプリケーション高速化を実現するハイスピードHTTPプロセッシングの搭載など。

 ラックスペースが限られていても、企業やサービスプロバイダに2000万以上の同時コネクションを無理なくサポートする能力を提供。他社製品と比べて30%も低い消費電力に加え、わずか2Uという省スペース性を実現している。