ニュース

【震災関連情報】日本ベリサイン、被災ユーザーの1年分の更新料金を無償に

2011/04/15 10:26

 日本ベリサイン(古市克典社長)は、東日本大震災で被災した同社のユーザー企業を対象に、新支援策を開始した。同社が提供する3サービスで、ユーザーが契約の更新手続きができないことによる失効を防ぐために、1年分の更新料金を無償にする。対象となるユーザーは、特別な手続きをする必要はない。日本ベリサインが、更新に必要な処理を行う。

 対象製品は、(1)デジタルブランドマネジメントサービス(無償利用期間は2011年3月11日ー12年2月28日更新分)(2)「ベリサイン ドメインネームサービス(JPドメイン)」(11年3月11日ー12年2月28日更新分)(3)「ベリサイン ドメインネームサービス(JP以外)」(11年3月11日~11年6月30日更新分)。

 対象ユーザーは、2011年3月11日時点で日本ベリサインへの登録住所が「災害救助法」の災害救助指定地域(第10報)のうち、帰宅困難者対応のために追加された東京都を除く地域のユーザー。

 日本ベリサインは、被災者の支援のために、ウェブサイト開設者向けに、ドメインネームとSSLサーバー証明書発行サービスなどをすでに無償で提供している。(木村剛士)
  • 1

関連記事

【被災地レポート】仙台の地場ベンダーは元気、案件は減少していても、ITで地元を元気にする!

東北地方太平洋沖地震 あの時、IT企業は

東日本大震災 一日も早い復興のために IT企業の支援始まる

【震災関連情報】JEITAやJCSSAなど7団体、パソコンの無償提供など、被災者支援部隊を立ち上げ

外部リンク

日本ベリサイン=https://www.verisign.co.jp/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>