ソフトウェア開発のインフォテリア(平野洋一郎社長)は、4月18日、同日設立された「日本データマネジメント・コンソーシアム」(浜口友一会長=NTTデータ相談役)への加盟と、コンソーシアムの理事に同社の平野洋一郎社長が就任したことを発表した。

 「日本データマネジメント・コンソーシアム」は、DBMS、EAI/SOA、BI、ERPなど、データマネジメントの領域で事業展開するIT企業とユーザ企業が連携し、データマネジメントの普及や活用に向けた活動を展開することを目的としている。 

日本データマネジメント・コンソーシアムの幹部

 MDM(マスター・データ・マネジメント)パッケージソフト「ASTERIA MDM One」を提供するインフォテリアは、日本データマネジメント・コンソーシアムに加盟して、日本でのデータマネジメントの普及や実践に取り組みながら「企業経営の精度向上や効率化を目指す」(浜口友一会長)としている。(ゼンフ ミシャ)