大塚商会(大塚裕司社長)と日立製作所(日立、中西宏明社長)、日本オラクル(遠藤隆雄社長)の3社は、ビジネスインテリジェンス・データウェアハウス(BI・DWH)システムで中堅企業向けアプライアンス型BI・DWHソリューション「Oracle BI/DWH Pack」を4月26日から提供する。

 「Oracle BI/DWH Pack」は、日立のハードウェアと、オラクルのソフトウェアを、大塚商会のノウハウで組み合わせてシステムを構築し、保守サービスもあわせて大塚商会が提供する。主に年商100億円以上の中堅企業層をターゲットにしている。

 ソリューションの提供にあたり、大塚商会と日立が日立社内に共同開設した「BI/DWH検証センター」で、システム性能や信頼性などを含め、BIとDWHに最適なハードウェア構成の事前検証を3社共同で実施する。これによって、ユーザー導入時の個別検証作業が不要となり、BI/DWHシステム導入・構築にかかる時間や初期コストを削減できる。

 性能面では、日立のアドバンストサーバー「HA8000シリーズ」、ミッドレンジディスクアレイ「Hitachi Adaptable Modular Storage 2100(AMS2100)」と、オラクルの高性能な「Oracle Database 11g」のインメモリ技術「In-Memory Parallel Execution」およびデータ圧縮技術「Advanced Compression」、パーティショニング技術を活用した。

 税別価格は、ハイグレードモデル(100ユーザー以上)が8600万円から、スタンダードモデル(50ユーザー以上)が3900万円から。

 大塚商会、日立、日本オラクルの3社は、今後も協力して「Oracle BI/DWH Pack」の拡販、システム構築やマーケティング活動を積極的に展開していく。また、大塚商会と日立は、両社で開設した「BI/DWH検証センター」を核として、「Oracle BI/DWH Pack」をはじめとするBI/DWHシステムの開発やシステム検証・構築を共同で推進する。