ブランドダイアログ(BD、稲葉雄一社長)とシステムエグゼ(佐藤勝康社長)は、販売パートナー契約を締結した。

 パートナー契約締結によって、さまざまなシステムにわたりマイグレーション実績の豊富なシステムエグゼが、リプレースニーズのある「Lotus Notes/Domino(Notes)」のユーザー企業に対して、BDのSaaS型営業支援SFA・顧客管理CRM統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite」とエンタープライズ版「Knowledge Suite」への移行を推進し、積極的にマイグレーション支援を実施していく。

 BDでは、中堅・大手企業からのNotesマイグレーションに関わる相談が増加傾向にあり、顧客ニーズに対応した多くの知見と実績あるシステムインテグレーション(SI)パートナーとの協業が急務となっていた。一方、システムエグゼでは、クラウド市場での顧客拡大を目指しており、両社の戦略が一致したことで、今回の協業が実現した。すでに数案件が進行中で、初年度10案件の獲得を目指す。