米ラリタンは、ノンブロッキングのセキュアなリモートアクセスを実現する「Dominion KX II-101」の低価格版新製品として、1ポートKVM-over-IPリモート管理デバイス「Dominion KX II-101 V2(DKX2-101-V2)」を6月7日に発売した。

 「DKX2-101-V2」は、“ゼロUサイズ”で設計された1ポート/1ユーザー/1デバイスのリモートアクセス管理デバイス。専用IPアドレスを通して、ノンブロッキングでのBIOSレベルアクセスとシングルサーバー制御を実現。ポートの空きを待つことなく、接続されたサーバーへのアクセスがいつでもできるようになる。最大8人のリモートユーザーが同じサーバーを同時に監視して、トラブルシューティングなどの作業を共同で実施できる。また、「Dominion PXインテリジェントPDU」と併用することによって、遠隔電源管理を実現する。

 コンパクトなボディは、サーバーラックの側面への取り付けだけでなく、サーバーから吊るすこともでき、貴重なラックスペースを節約し、複雑なケーブリングを防止する。さらに、大規模システムでの利用では、集約管理ソリューション「CommandCenter Secure Gateway」経由で複数のDominionシリーズ KVM-over-IPデバイスを単一の論理システムとして一元管理することができる。

 価格は8万6220円。12台パックは99万円。