チエル(川居睦社長)は、6月15日、授業支援システム「InterCLASS」が、米コロラド州ボルダーバレー学区(ボルダー学区)内の小学校、中学校、高等学校、合わせて74校すべてで標準の授業支援システムとして採用されたと発表した。

 「InterCLASS」は、普通教室で学んだ知識の理解度をパソコン教室で把握する授業支援システム。学習結果の集計を簡単に、瞬時に行うことができ、クラスの成績一覧や個人別のレーダーチャートなどで、効果的で充実した学習評価を得ることができる。海外では、米国を中心に約4万ライセンスの販売実績をもつ。

 ボルダー学区では、授業でのICT(情報通信技術)活用と運用管理の効率化を図るため、授業支援システムの導入を検討していた。しかし、各学校で異なるシステムを導入する場合、導入コストや教員の操作研修、メーカーサポートの不足などが課題となっていた。「InterCLASS」が日本製品の高い品質ときめ細かいサポートサービスなどで高く評価され、標準の授業支援システムとして採用することになった。ボルダー学区は、12月までに学区内のすべてのパソコン教室(200教室)に「InterCLASS」を導入する。

 現在、チエルは、日本はもとより、海外20社の販売会社を通じて、授業支援システム「InterCLASS」、フルデジタルCALLシステム「CaLabo EX」の販売を行っている。今後、さらに学習管理システム「CaLabo LMS」、画像転送システム「S300-AV」を海外市場に投入し、海外事業を拡充する。