富士通システムソリューションズ(Fsol、杉本隆治社長)は、6月24日に開催した株主総会で決定した役員人事を発表した。

 昇任人事では、佐藤光夫執行役員と竹沢秀夫取締役/執行役員が取締役/執行役員常務に就任した。新任人事では、富士通の上嶋裕和執行役員常務が取締役(非常勤)に就任。新光電気工業の鈴木能之常務執行役員が常勤監査役に就任。富士通のソリューションビジネスサポートグループソリューション事業推進本部ソリューショングループ経理部の磯部武司統括部長が監査役に就任。また、田村斉一公共ソリューション本部統括部長と平山秀明産業ソリューション本部長代理が執行役員に就任した。

 これにともない、笹川信二取締役副社長が退任し、特別顧問に就任した。また、生貝健二取締役(非常勤)、車伸一常勤監査役、宮本晃暢監査役がそれぞれ退任。岡田富士雄執行役員は退任し、富士通新潟システムズ代表取締役社長に就任する予定。