ソリトンシステムズ(ソリトン、鎌田信夫代表)は、HD映像入出力に対応し、モバイル高画質伝送を可能にした映像伝送システム「Smart-telecasterHD」を7月31日に発売する。

 「Smart-telecaster」は、FOMAなどの公衆モバイル回線を使って、ビデオカメラで撮影した映像をリアルタイムに高品質で伝送するソリューション。RASCOW(Real-time Auto Speed Control on Waterway model)というソリトン独自の技術を実装し、揺らぎの大きいモバイル回線上でも安定して継続した映像中継が可能となっている。

 今回開発したハイビジョン用「Smart-telecasterHD」は、フルHD解像度(1920×1080)での映像入出力に対応。放送用/業務用の高品位プロフェッショナルインターフェイス「HD-SDI」、コンシューマ向けの高品位インターフェイス「HDMI」の双方をサポートし、入力から出力にいたるまでコンプリートフルデジタルプロセッシングを実現している。これにより、従来に比べ、大幅に高画質な映像中継が可能となった。

 また、コーデックを一新し、映像コーデックとしてVP8、音声コーデックにVorbisを採用、高画質・高音質はもとより、低遅延での映像伝送を実現した。このほか、複数の公衆モバイル回線のデータカードを使用して伝送するマルチリンク(回線束ね機能)も実装している。1枚のデータカードでも十分な高画質伝送が可能だが、マルチリンクを使用することで、さらに安定した映像伝送が可能。また、モバイル回線でも十分な安定性を得られるが、光回線、ADSL 回線、公衆無線LANなど固定のインターネット環境を使用することで、さらに安定した高品位映像を伝送できる。